通水管|日本人修道女、子どもへの“性的暴行”手助けか

南米アルゼンチンで神父による子どもたちへの性的暴行事件が発覚し、修道女だった通水管日本人の女が逮捕された事件で、女が容疑の一部を否認していることが分かりました通水管。 アルゼンチン西部の都市メンドーサにある聴覚障害者施設で、神父らに通水管よる子どもへの性的暴行事件が発覚し、修道女だった日本人のコサカ・クミコ容疑者通水管が逮捕されました。現地メディアによりますと、コサカ容疑者は4日、首都ブエノス通水管アイレスからメンドーサに移送され、警察などで取り調べを受けました。コサカ容疑通水管者は、暴行を手助けした疑いなど3つの容疑が持たれていますが、容疑の一部を否認通水管しているということです。神父らによる暴行の被害は、4歳から17歳の少年少女、通水管少なくとも27人に上るとみられていて、コサカ容疑者は3つの容疑がすべて有罪と通水管なった場合、最高で懲役50年以上の刑に処される可能性があるとされています