通水管|2大政党が敗退

フランス大統領選は現地時間5月7日に決選投票を迎えます。投票は現地時間、午前8時(日本時間午後3時)に始まり、午後8時(日本時間8日午前3時)に締め切られます。2大政党が敗退 「最年少vs通水管.女性初」の決選投票に フランスの大統領選挙は二回投票制で行われます。4月の第一回投票では、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏と極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン氏がそれぞれ得通水管率で1位、2位を占め決選投票に進みました。なぜ2回投票するの? 毎日新聞(2017年3月23日)マクロン氏が24.01%、ルペン氏21.30%=仏大統領選最終集計通水管 ロイター(2017年4月25日)時事通信(2017年4月24日) これまで政権を争ってきた2大政党の候補者が決選投票に進めない異例の展開で、マクロン氏が選ばれれば「史上最通水管少」の、ルペン氏が選ばれれば「女性初」のフランス大統領が誕生します。「史上最年少」VS「女性初」=EU、移民めぐり好対照-仏大統領選〔深層探訪〕 時事通信(2017年4月29通水管)フランス大統領選、決戦はルペン氏とマクロン氏-既成2大政党が敗退 Bloomberg(2017年4月24日)マクロン氏が有利 巻き返し図るルペン氏 事前の世通水管論調査ではマクロン氏が有利と見られています。劣勢が伝えられているルペン氏は、主張を軟化させるほか、挽回へ「奇策」を繰り出しています。 仏紙レゼコーが4日発表した世論調査結果では、通水管クロン氏が61%の支持を得て39%のルペン氏を引き離している。 ルペン氏、偽ニュースも利用=挽回に必死―仏大統領選 - 時事通信(2017年5月5日) 劣勢ルペン氏「奇策」次通水管と、勝利への執念 日本テレビ(2017年5月5日)投票率が下がればルペン氏が有利という見方も 世論調査では、投票に行くと答えた人のうち60%がマクロン氏に投票するとし通水管いますが、投票率が下がればルペン氏が有利になるという見方も。仏大統領選 決選投票前にテレビ討論 NHK(2017年5月4日)EUの未来を左右する選択 2候補の主張は