通水管|夫に食事与えず殺害容疑

寝たきりの夫(76)に食事を与えずに殺害したとして、大阪府警は6通水管日、同府高槻市城南町1丁目のアルバイトの女(73)を殺人容疑で逮通水管し、発表した。容疑を認め、「介護に疲れ、死んでもいいと思って食事通水管与えなかった」と供述しているという。 高槻署によると、女通水管は4月下旬から数日間、自宅で、寝たきり状態の夫に食事を与えずに殺通水管した疑いがある。 6日午前7時ごろ、女が高槻署を訪れ、「通水管~5日間、夫の面倒を見ていない。死んでいると思う」と自首。署員が通水管女の家に駆けつけ、1階の洋間で仰向けに倒れて死亡している夫を発見通水管た。女は「夫は認知症で、昨年から寝たきりになり、1人で介護してい通水管」と話しているといい、府警は司法解剖して夫の死因を調べる方針。