通水管|部活指導者の国家資格検討

自民党は、学校の運動部活動のレベル向上や安全確保のため、指導者の国家資格制度導入に向けた検通水管討を進める。 各種目で専門的技能を持つ外部人材を積極的に活用することで、指導内容を通水管実させるとともに、教員の負担軽減につなげることも狙う。年内に制度の骨格をまとめて政府に提言通水管し、来年以降に関連法整備を経て実現することを目指す。 国家資格は教員と外部人材の双通水管が取得できることとし、合格者を「スポーツ専門指導員(仮称)」に認定。資格取得に当たっては、通水管技テストや研修を受けてもらうことを想定している。文部科学省は4月から、外部人材が指導や大会通水管への引率を行うことができる「部活動指導員」制度を導入しており、国家資格化により指導者の信頼通水管を高めたい考えだ。 教員による部活指導は、長時間労働の要因の一つになっている。さら通水管に、「専門外の教員が顧問に就いた場合、適切な指導ができない」「教員の転勤で継続的な対応が難通水管くなる」といった指摘もある。外部人材の活用には、こうした問題点を克服できる利点がある。