読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|都立高の6割で「地毛証明書」

東京の都立高校の約6割が、髪を染めたり、パーマをかけていないかを調べるため、一部の生徒か通水管ら入学時に「地毛証明書」を提出させていることが朝日新聞で報じられ、ネット大きな話題になっ通水管。朝日新聞が都立高173校に取材したところ、170校が取材に応じ、全体の57%に通水管あたる98校で地毛証明書が「ある」と回答したという。多くは保護者が「髪の毛が栗毛色」「縮通水管毛」などと記入して押印する形。幼児期の写真を提出させるケースもあるという。このニ通水管ースに対して、ネットでは、「人権侵害ではないか」などの声が噴出している。これまでも、地毛通水管が茶色い学生や、天然パーマの学生が、学校の指導で不快な思いをしたという体験談は数多く聞か通水管る地毛証明書を提出させることに、どんな問題があると考えられるのか。高島惇弁護士に通水管聞いた。●茶髪や縮毛を問題視する風潮自体に合理的な理由がない「高校の地毛通水管明書は、東京都に限らず、多くの公立、私立学校において、以前から利用されている書面です。