読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|緊迫の朝鮮半島 中国は何を考えているのか

北朝鮮情勢が緊迫度を増している。米国・トランプ政権は、米空母や原潜を半島近海に送り込みながら、北朝鮮に対する通水管中国の「影響力」に期待をかける。だが、中国が本当に北朝鮮に「圧力」をかけるのかどうか、疑う見方もある。中国に通水管って北朝鮮はどのような存在で、両国の関係は本当のところ、どうなっているのか。中国出身の専門家の話から、中国が通水管今後どう行動するのかを占った。(ジャーナリスト・野嶋剛/Yahoo!ニュース 特集編集部)中朝「血の通水管盟」という神話は終わった沈志華・華東師範大学終身教授いま中国で最も注目される北朝鮮専門家の沈志華氏に、親通水管密にも見える中国と北朝鮮の関係が実は対立や敵意に満ちている実情を語ってもらった。北朝鮮と中国との間に通水管朝鮮戦争で共に戦ったことで「血で結ばれた同盟(血盟)」という呼び方がありますが、この種の親密な中朝関係が現在通水管まで続いている、というのは事実ではありません。しかし、中国の指導部や中国社会では、人々の脳裏にそうし通水管イメージが存在し、いまも「血盟」があると思い込んでいるのです。私の著書『最後の~』の執筆目的はこの「神話」の通水管解体であり、「血盟」と形容されるような中朝関係は冷戦の終結でとっくに終わっていることを証明するためでした。