読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰るまで上司が見届け→残業2割減った

職員の残業を減らそうと、神奈川県の横須賀市がある取り組みを試した。すると、月によっては前年比通水管で2割ほど減らすことに成功した。その策とは――。 市によると、職員の時間外勤務は近年通水管増加傾向だった。係長以下の約2800人の市職員の時間外勤務は、2015年度は計41万2200通水管時間、市が支払った手当などは約11億4千万円にのぼった。単純計算では「時給約2700円」にな通水管る。 1人あたりでは月平均12・2時間。労災認定の「過労死ライン」とされる月80時間通水管の職員は101人に上り、長時間勤務の是正が課題となっていた。 そこで昨年10月、各課通水管の課長らが、部下が全員帰るまで職場に原則残り、残業の状況を確認する試みを実施した。その名も「通水管帰るまで見守る月間」。部下に声かけして、時間外勤務の状況把握などに務めた。 その結果通水管、10月の時間外勤務は計2万5442時間と前年から2割弱減少。1人あたり月約2時間減った計算通水管だ。さらに、「見守る月間」が終わったあとの11月~今年3月も、5カ月連続で前年を下回った。