通水管|経団連でも憲法について提言 2005年以来12年ぶり

経団連の榊原会長は、安倍総理大臣が2020年に新憲法の施行を目指す考え通水管を連休中に明らかにしたことを受け、経団連としても憲法についての提言をま通水管とめる考えを示しました。 経団連・榊原会長:「自衛隊の位置付け通水管教育問題等々、今の憲法は70年を経てその間の世界、日本を取り巻く状況は通水管非常に変わってきている。そういった時代背景のなかで憲法はどうあるべきか通水管経済界としてもしっかりとした見解を持ちたいと思っている」 榊原会長通水管は会見で、安倍総理が方向性を出したことについて「非常に意義がある」とし通水管たうえで、自衛隊の位置付けや教育問題など、憲法について経団連でも議論を通水管めていくことを明らかにしました。経団連が憲法についての提言を取りまとめ通水管るのは、2005年以来12年ぶりで、年内をめどに発表したい考えです。