通水管|ストラディバリウス負けた!聴衆は現代製に軍配

【ワシントン=三井誠】数億円の値段がつくバイオリンの名器「ストラディバリウス」と、現通水管代のバイオリンの演奏を聴衆に聞かせると、聴衆は現代のバイオリンの方を好むとする実験結通水管果を、仏パリ大などの研究チームがまとめた。 論文が近く、米科学アカデミー紀要通水管に掲載される。 このチームは5年前、ストラディバリウスと現代の楽器を弾いた演通水管家でも、音の評価に大きな差がなかったとする研究を同紀要で発表している。チームは今回の通水管研究で「バイオリンの作製技術が上がったのか、あるいは一般に信じられているほどの音色の通水管違いがなかったのかもしれない」とコメントしている。 実験は、パリ郊外と米ニュ通水管ヨークのコンサートホールで、音楽の批評家や作曲家などを含む聴衆計137人の前で行った通水管。ストラディバリウス3丁と現代のバイオリン3丁を、演奏者にはどちらのバイオリンかわか通水管らないようにしてソロで弾いてもらい、どちらの音色がよく響くかなどを、聴衆が評価した