読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|米大統領、FBI長官を解任

【ワシントン時事】トランプ米大統領は9日、連邦捜査局(FBI)のコミー長官を解任した。〔写真特集〕トランプ氏のキーパーソン通水管たち ホワイトハウスが発表した。先の大統領選中、民主党候補クリントン元国務長官の私用メール問題に関する捜査情報を公表したコ通水管ミー氏の判断は「重大な誤り」だったとして司法省が長官交代を進言、大統領も受け入れた。 大統領はコミー氏への解任通知で「FB通水管Iへの国民の信用と信頼を回復できる新しい指導者を見つけることが不可欠だ」と強調した。 メール問題を捜査していたコミー氏は昨通水管年7月5日、異例の記者会見を開いてクリントン氏の不訴追を発表。大統領選が11日後に迫った同10月28日には、新しい証拠が見つかった通水管として連邦議会に捜査再開を通知した。いずれの対応も大統領選に不当な影響を与えたと批判を受けたが、コミー氏は5月3日の議会公聴会で「通水管今でも正しい選択だったと信じている」と語っていた。 ローゼンスタイン司法副長官はセッションズ司法長官に宛てた覚書で、コミー通水管氏の対応は「検事や捜査官が教科書でしてはならないと教わる典型例」と指摘。「誤りだと認めないことも理解できない」と公聴会での発言も批通水管判した。 これを受け、セッションズ氏は大統領への書簡で「FBIの指導部は新鮮なスタートが必要だ」と助言。大統領は解任に当た通水管っての声明に「FBIはわが国で最も大切にされ、尊敬されている機関の一つだ。きょうが法執行機関の至宝の新しい始まりだ」と記した。