通水管|連続減益は18年ぶり、「章男トヨタ」の正念場

「2期連続減益はスポーツの世界でいえば連敗。私は負けず嫌いだ。皆さんの期待を裏切らないよう来期につなげていきたい」通水管豊田章男社長が語った今後の目指すべき姿とは? トヨタの業績が曲がり角に差し掛かっている。5月10日に発表し通水管2017年3月期決算では、本業のもうけを示す営業利益が前期比30.1%減の1兆9943億円と大きく落ち込んだ。通水管2期連続の営業減益は18年ぶり さらに同日発表した2018年3月期の見通しでも、営業利益は1兆6000億円と前通水管と比べて19.8%という2ケタの減少とした。記者会見で豊田社長はこの状況に対し、「連敗」という言葉を使って悔しさを前面通水管出した。トヨタが2期連続の営業減益に沈めば、1999年3月期~2000年3月期以来18年ぶりの“失態”となる。通水管売上高でも2017年3月期が前期比2.8%減の27兆5971億円で着地し、2018年3月期は同0.4%減の27兆500通水管億円を見込む。2期連続での減収減益となると、1998年3月期に米国会計基準に移行して以来初めてとなる。 201通水管年3月期の営業減益要因をみると、一過性でもある為替変動の影響が9400億円と最も大きい。トヨタの場合、ドルに対して1円通水管高に動くと、約400億円の利益が吹っ飛ぶ計算。1ドル108円と前期の120円から急激に円高になった影響を受けた形だ。