読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|退位法案、月内にも成立

 政府は10日、天皇陛下の退位を可能にする特例法案の要綱を与野通水管党各党に提示した。 陛下のお気持ちや国民の共感に鑑みて通水管位を実現するとの立法趣旨や退位後の称号・待遇、皇室典範の付則に通水管拠規定を置くことなどが柱。自民、公明両党に加え、民進党なども法通水管案に賛成する方針で、月内にも成立する見通しだ。各党は皇位の安定通水管承に関する付帯決議の採択に向け、調整を進める。 菅義偉通水管房長官は同日、衆院議長公邸で開かれた衆参両院議長と各党代表者に通水管よる全体会議に出席して要綱を提示。法案を19日に閣議決定する方通水管を伝えた。また、大島理森衆院議長は「静謐(せいひつ)かつ迅速な通水管論を行い、今国会中に結論を出してほしい」と各党に要請した。