読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|陸上型イージス導入へ…ミサイル防衛強化

 政府は北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、ミサイル防衛態勢強化策とし通水管て、「イージスアショア」と呼ばれる陸上型イージスシステムを導入する方向で最終通水管整に入った。 複数の政府関係者が明らかにした。防空能力や費用対効果の通水管面で、米最新鋭ミサイル防衛システム「最終段階高高度地域防衛(THAAD)」よ通水管も適していると判断した。 自民党の検討チームが3月に弾道ミサイル防衛通水管化を求める提言をまとめたことを受け、防衛省は若宮健嗣副大臣をトップとする検討通水管委員会で新装備導入に向けた議論を加速させており、夏までに結論を出す方針だ。実通水管の導入は数年後とみられる。 現在のミサイル防衛態勢は、イージス艦に搭通水管載された迎撃ミサイル「SM3」が最高高度約500キロの大気圏外で迎撃し、撃ち通水管らした場合は地対空誘導弾「PAC3」が地上十数キロで撃ち落とす二段構えだ。