通水管|改憲論議せかす安倍首相

安倍晋三首相が憲法改正実現に向け、自民党総裁として矢継ぎ早に指示を出している。 停滞していた改憲論議を活性化するため、自ら旗振り役を買って出た格好だ。ただ、通水管強引とも映る首相の手法に対し、党内からは不満の声も上がっている。 首相は8日に党役員会で改憲案の検討を急ぐよう指示したのに続き、12日は党憲法改正推進本部の通水管保岡興治本部長に「わが党の案をまとめる努力をしてほしい」と要請した。改憲に対する国民の理解が進むよう、具体的な改憲案を取りまとめる重要性なども確認した。 首通水管相が改憲に向けた動きを活発化させている背景には、国会論議が一向に進展しないことへのいら立ちがある。昨年の参院選で、改憲に前向きな勢力が衆参両院とも発議に必要な3分の通水管以上を占めたものの、両院憲法審査会では発議案の議論には至っていない。首相の心中について、周辺は「全然動かない国会に対する『いいかげんにしてくれ』というメッセージだ」通水管と代弁した。 党執行部は協議機関の新設を検討するなど、議論を加速させる方針だ。遅くとも2020年の通常国会で発議しないと、首相が掲げる同年の新憲法施行は困難通水管になる。下村博文幹事長代行は12日の記者会見で「当然、逆算して間に合うように、党内で対応する必要がある」と強調した。 ただ、首相がいきなり9条など改憲項目ま通水管打ち出したことに、党内では異論も出ている。同日の総務会では、党内での慎重な議論を求める意見や、「総裁として方向性を示すなら、3月の党大会で発言すべきだった」との指摘通水管もあった。 石破茂前地方創生担当相はこの後、党本部で記者団に「自民党は(12年に)憲法改正草案を決定した。それが総裁の一言でひっくり返るなら、組織政党だとは通水管思わない」と断じた。首相が20年の東京五輪に絡めて発言していることに対しても「五輪を(改憲の)道具に使っていいと、私は全く思わない」と述べ、首相を厳しく批判した。