読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|逮捕の少年、少女を殺害後に火をつけたか

東京・台東区で17歳の少女が死亡した火災で高校3年生の少年が逮捕された事件で、少女の背中には通水管ヤケドの痕が少なかったことが分かった。警視庁は、少年が、少女を殺害した後で火をつけたとみて調通水管ている。 警視庁によると、東京・墨田区に住む高校3年生の少年(18)は、今月4日ごろ通水管交際相手で同級生の佐藤麻衣さん(17)に暴行を加え、火をつけるなどして殺害した疑いが持たれて通水管る。 少年の同級生「2人で変顔して写真を撮ったものを見ていたので、すごく仲いいなって通水管っていました。信じられない」 佐藤さんは今月4日、台東区にある自宅マンションで起きた通水管災で、死亡した状態で見つかったが、捜査関係者への取材で、佐藤さんはあおむけに倒れ、姿勢の乱れ通水管少なかったことが新たに分かった。 また、通常の火災で負うはずの全身ヤケドの状態ではな通水管、背中にはヤケドの痕が少なかったほか、ススも吸っていなかったという。 警視庁は、こう通水管た遺体の状況などから、少年が佐藤さんを殺害した後で部屋に火をつけたとみて調べを進めている。