通水管|週明け、メールを開く前に気をつけたい3つのこと

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は5月14日、5月13日に発覚した大規模なランサムウェアによるサイバー攻撃の発生をうけ、国内にお通水管ける週明け(5月15日)の対策について発表した。不審なメールの添付ファイルを開封したりリンクをクリックしたりしないよう呼びかけている。通水管 ランサムウェアは、感染したPCのファイルを暗号化して、使用できないないよう制限をかけ、制限の解除と引き換えに金銭を要求する不正通水管ログラムだ。「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を組み合わせた造語。金銭を支払ったからといって、必ずしも制通水管限が解除されるとは限らない。 今回観測されているランサムウェアは、Wanna Cryptorと呼ばれるマルウェア(WannaC通水管ypt、WannaCry、WannaCryptor、Wcry等とも呼ばれる)の亜種という。Microsoftの古いシステムの脆弱性をつ通水管たもので、世界規模のランサムウェア攻撃によって7万台以上のコンピュータが被害に遭っている(関連記事)。なお、日本マイクロソフトによれば通水管、現時点ではWannaCryptで使用されている悪用コードは、Windows 10には無効であることを確認しているという。 3通水管15日(日本時間)にMicrosoft製品に関する脆弱性の修正プログラム「MS17-010」が公表された。この脆弱性がランサムウェアの通水管染に悪用され、国内を含め世界各国で被害が確認されている。英国では医療機関において業務に支障が出るなどの深刻な影響が発生している。