通水管|改憲、「9条に自衛隊」賛成53%…読売調査

読売新聞社は12~14日、全国世論調査を実施した。 安倍首通水管相が自民党総裁として示した憲法改正の目標で、戦争放棄などを定めた9通水管条1項と2項を維持した上で自衛隊の根拠規定を追加する考えに「賛成」通水管は53%で、「反対」の35%を上回った。改正憲法の2020年施行を通水管目指す首相の方針については、「賛成」47%、「反対」38%だった。通水管 支持政党別に見ると、憲法9条に自衛隊規定を追加することに通水管ついて、自民支持層で「賛成」が70%に上る一方、民進支持層では「賛通水管成」が2割弱、「反対」が7割強。無党派層では「賛成」41%、「反対通水管」44%と意見が分かれた。年代別では、すべての年代で「賛成」が「反通水管対」を上回ったが、60歳代と70歳以上は「賛成」が4割台だった。