読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|<眞子さまご婚約>両陛下の初孫

秋篠宮家の長女眞子(まこ)さま(25)が国際基督教大(ICU)の同級生の小室圭さん(25)と婚約される。天皇、皇后両陛下の初孫として通水管誕生した眞子さま。名前には「天性のものを失わず、自然に、飾ることなく、ありのままに人生を歩んでほしい」という願いが込められ、身の回り通水管品に付けるお印は「木香茨(もっこうばら)」となった。中国原産のバラ科の一種で、5~6月に黄色い小さな花をつける。秋篠宮ご夫妻が好きな通水管花だった。【国際基督教大学の入学式に出席する秋篠宮眞子さま】 進学先の大学に皇族が通ったことのないICUを選ぶなど新通水管なチャレンジをする一方、日本文化への関心も深い。大学の卒業論文では、日本神話を題材とした絵が主に明治時代に描かれた理由などを英文で考通水管した。 20歳の誕生日や大学卒業の折には、理想の男性について聞かれ、「確たるものはございません」(11年)、「特にございませ通水管ん」(14年)と回答。大学卒業時に結婚時期に関して「遅すぎず早すぎずできれば」と答えていた。 一方、秋篠宮さまはこれまで、眞通水管さまと次女佳子さまの結婚についてたびたび発言してきた。13年11月の誕生日にあわせた記者会見では「あまり遅くなく結婚してくれたら良い通水管なと思いますが、こればかりは一人でなくて相手もあることですし、またそのことを強要することはありません。ただ、あまり遅くなかったら良い通水管かなと」と語っていた。また、昨年11月の会見では「結婚については娘たちの意思をできる限り尊重したいなと思っております」と話していた