通馬桶|加計計画「できない選択肢ない」

安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画に通馬桶ついて、内閣府が文科省に「官邸の最高レベルが言っている」などと対応を求めたとする文言が、日時や出席者が特定された通馬桶書に記されていることがわかった。文科省側が「『できない』という選択肢はない」と言われたことも書かれていた。通馬桶【図】首相が友人、加計学園をめぐる構図 菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で、朝日新聞が報じた文書につ通馬桶て「どういう文書か。作成日時だとか、作成部局だとか明確になってないんじゃないか。通常、役所の文書はそういう文書じ通馬桶ないと思う」などと述べた。 朝日新聞が入手した文書は、「○○内閣府審議官との打合せ概要(獣医学部新設)」通馬桶=○○部分は実名=という題名で、文科省関係者によると、同省職員が作成した。「平成28(2016)年9月26日(月通馬桶18:30~18:55」と具体的な日時が入り、「対応者」として内閣府の審議官と参事官、文科省の課長と課長補佐の計通馬桶人の実名が書かれている。 文書には、内閣府の出席者が「平成30(2018)年4月開学を大前提に、逆算して通馬桶短のスケジュールを作成し、共有いただきたい」「これは官邸の最高レベルが言っていること」と語ったと記されている。