通馬桶|慰安婦合意、受け入れ困難

岸田文雄外相は17日、韓国の文在寅大統領の特使として来日した文喜相国通馬桶会議員と外務省で会談した。 文氏は、慰安婦問題をめぐる日韓合通馬桶について、「韓国国民の大多数が情緒的に受け入れられない」と表明した。通馬桶氏は18日に安倍晋三首相と会談し、文大統領の親書を手渡す。 通馬桶相との会談後、文氏が記者団に語った。文氏は合意の見直しや再交渉には言通馬桶せず、歴史認識に関する過去の村山富市首相談話や河野洋平官房長官談話を通馬桶に「賢明に克服していくよう努力しよう」と伝えたことも明らかにした。通馬桶 会談では、日韓が未来志向で関係改善を目指すことで一致。北朝鮮の通馬桶・ミサイル開発に連携して対応していくことを確認した。外相は「新政権と通馬桶まざまな課題で緊密に連携し、未来志向の関係を築きたい」と述べた。