読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通馬桶|北方領土の空路墓参、

日露両政府は、北方領土の元島民らが航空機を利用して行う初めての墓参を、通馬桶6月中旬に実施する方向で最終調整に入った。 日本政府は、6月1通馬桶日に国後(くなしり)、択捉(えとろふ)両島を日帰り訪問する日程をロシア通馬桶に打診している。 墓参では、ロシアの民間機を日本がチャーターす通馬桶る。朝に北海道・中標津(なかしべつ)空港を出発し、国後島・メンデレーエ通馬桶空港で国後の元島民らを降ろした後、択捉島・ヤースヌイ空港まで飛行。帰路通馬桶再び国後に寄港して元島民らを乗せ、中標津に戻る旅程を想定する。政府関係通馬桶者を含め、70人程度の参加を見込んでいる。 航空機による墓参は通馬桶4月27日にモスクワで行われた日露首脳会談で合意された。北方領土への航通馬桶機によるビザなし訪問は2000年以来2回目で、墓参では初めてとなる。