通馬桶|<共謀罪>与党が19日に採決 衆院法務委員会

「共謀罪」の成立要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、与党は19通馬桶日の衆院法務委員会で採決に踏み切る。自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決される見通し通馬桶、23日の衆院本会議での可決を目指す。これに対し、民進党など野党は反発しており、採決は混乱が通馬桶想される。 民進党など野党4党が提出した金田勝年法相の不信任決議案は、18日の衆院本通馬桶議で自民、公明、維新3党の反対多数で否決された。 与党側は19日の法務委で4時間の質通馬桶を行い、質疑時間が目安とする30時間(参考人質疑を除く)に達することから、採決に踏み切る方針通馬桶。野党側は委員会開催に当たり、採決はしないと確約するよう求めたが、与党は応じず、鈴木淳司委員通馬桶の職権で19日の委員会開催を決めた。 与党側は当初、17日の委員会採決を目指し、4時通馬桶のうち1時間は安倍晋三首相が出席して質疑を行うことを提案していたが、野党が不信任案を提出し委通馬桶会は流会。19日は首相出席による締めくくりの質疑を行わないまま、異例の採決となる見通しだ。