通水管|裁判員候補3人に1人欠席

21日に制度開始から8年を迎えた裁判員制度で、選任手続きに呼び出された候補者の出席率は昨年、64.8%に低下し、3人に1通水管人が欠席する状況となっていることが最高裁のまとめで分かった。 「審理予定日数や非正規雇用者の増加などが影響してい通水管可能性が高い」とする民間機関の分析を受け、最高裁は対策を検討する。 裁判員候補者は選挙人名簿から無作為で抽出され通水管さらに対象事件ごとにくじで選ばれた人が選任手続きに呼び出される。「70歳以上」や「重要な仕事」など正当な理由があれば辞退通水管きる。 最高裁によると、正当な理由を告げて手続きの当日までに辞退した候補者は、2009年の制度開始時は53.1%通水管ったが、16年は64.7%に増加した。選任手続きへの出席率は83.9%から64.8%に落ち込んだ。 こうした事態通水管を受け、最高裁は出席率低下などの原因分析を初めて民間のコンサルタント会社に依頼。5000人を対象に今年1~2月に行ったア通水管ケート調査と各種統計データを基に検証した。 その結果、09年に3.4日だった平均審理予定日数は16年には6.1日通水管増えており、長引けば辞退率などが高くなる傾向が判明。アンケートで正規雇用者よりも参加意欲が低調だった非正規雇用者の増加の通水管響も「否定できない」とされた。呼び出し状を再送するなどの対策を取っている地裁では、出席率が高い傾向も明らかになった。