通水管|天皇陛下、回復され初の公式行事に

天皇陛下は20日、風邪で一部の公務を取りやめた15日以降、初めての公通水管式行事となる、アルゼンチン大統領との懇談に臨まれた。 天皇皇通水管両陛下は20日午前、来日中のアルゼンチン大統領夫妻と懇談された。天皇通水管下は風邪のため、15日以降、一部の公務や日光訪問を取りやめていたが、通水管すっかり回復されたという。 懇談で大統領に「陛下はどんなスポ通水管ツがお好きですか」と尋ねられると、陛下はテニスを挙げ、「自分でもやり通水管すし、試合も見ます」と答えられたという。「どんなプレーがお好きですか通水管?」という質問に陛下が「ネットプレーよりはストロークです」と応じられ通水管と、大統領は「いつか皇后さまも交え、ダブルスをやりましょう」と提案し通水管という。 近く婚約される眞子さまの話題は出なかったという。