通水管|村田 試合直後に判定負けも予感?

 「ボクシング・WBA世界ミドル級王座決定戦」(20日、有明コロシアム) ロンドン五輪男子ミドル級金メ通水管ダリストで同級2位の村田諒太(31)=帝拳=が2-1(116-111、115-112、110-117)の判定で通水管、同級1位のアッサン・エンダム(33)=フランス=に敗れ、世界初挑戦での獲得はならなかった。【写真】村通水管田が美しすぎる愛妻にダメ出し「出過ぎやろ!内助の功になれへん」 多くの人が驚きの声を上げた判定について通水管村田は冷静に受け止めた。「結果は結果なんで僕自身が何か言うことはない。試合を見た第三者が判定するので、僕はあま通水管言いたくない」と切り出し、「力を貸してくれた多くの皆さん、集まってくれたファンに勝つ姿を見せることができずに申通水管し訳ない」と謝罪した。 判定を待つ間は笑みも浮かべて手も挙げたが、「正直、胸騒ぎがした。オリンピックの通水管時は勝ったんだなと思ったんですけど」と、悪い結果が出ることも感じていたという。エンダムのパンチの軌道を読むため通水管、序盤手数を減らしてブロックする作戦のため手数が減り、判定に響いた。 今後については「これだけ多くの人通水管に支えられて勝てなくて。じゃあ、もう一回と無責任なことは言えない。気持ちの整理が必要です」と白紙を強調した。