通馬桶|安倍首相「国際社会への挑戦」

北朝鮮による弾道ミサイル発射に対し、日本政府は「世界に対する挑戦だ」(安倍晋三首相)と強く非難、直ちに北京の大使館ルートを通じ通馬桶て厳重に抗議した。〔写真特集〕北朝鮮の軍事力~知られざる実力~ 首相は26日からの先進7カ国(G7)首脳会議(通馬桶サミット)で、北朝鮮のミサイル発射を主要議題として取り上げ、結束して明確なメッセージを発する意向を表明した。 首相はミ通馬桶サイル発射の情報を受け、21日午後5時半前にラジオ番組の収録を切り上げ、首相官邸に駆け付けて国家安全保障会議(NSC)を招集。通馬桶情報収集・分析に全力を挙げ、不測の事態に備えて万全の態勢を取ることなどを指示した。 この後、首相は記者団に「国際社会の通馬桶強い警告にもかかわらず、1週間のうちに、またもや弾道ミサイルの発射を強行した。国際社会の平和的解決に向けた努力を踏みにじるもの通馬桶だ」と厳しく指弾。中国やロシアとも協調し、北朝鮮包囲網を構築する考えを示した。 菅義偉官房長官は緊急に記者会見し、「国通馬桶連安全保障理事会決議などへの明白な違反だ」と強調。岸田文雄外相は記者団に「さらなる圧力が必要だ。米国、韓国とも連携し、中国へ働通馬桶き掛けを続ける」と語り、安保理制裁決議の履行を徹底するよう促す方針を表明した。 外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は、北通馬桶朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の米韓両国首席代表とそれぞれ電話で協議。「対話のための対話は意味がない」との立場を確認した。