通馬桶|谷垣氏が杖をついてリハビリ

 昨年夏、自転車で転倒事故を起こし、現在も東京都内の病院に入院している自通馬桶民党の谷垣禎一前幹事長が21日、京都市内で開かれた党京都府連の定期大会で通馬桶「現在、退院の時期を視野に入れながら、リハビリテーションに専念しておりま通馬桶すので、復帰まであとしばらく、お許しをいただきたい」などと復帰に意欲を示通馬桶すメッセージを寄せた。 メッセージは同大会の祝電披露の中で紹介さ通馬桶れ、「昨年負いました頸(けい)部のけがからの回復途上にあって、本日の出席通馬桶がかないません」とした上で「けが以来、多くの皆様にご心配をいただきました通馬桶」と感謝の言葉が続いた。 また、同日まで府連会長を務めた西田昌司通馬桶参院議員はあいさつの中で「(谷垣氏が)つえをついて歩行のリハビリ訓練がで通馬桶きるまで回復していると聞いている」などと谷垣氏の病状について報告した。