通水管|<退位>「皇太子」称号に難色

天皇陛下の退位が実現し、皇太子さまが即位された場合に皇位継承順位1位となる秋篠宮さまについて「通水管皇太子」の称号が見送られた背景に、秋篠宮さまの意向があったことが明らかになった。【写真通水管秋篠宮さまご一家 退位を巡る政府の有識者会議は、4月21日に首相に最終報告書を提出した通水管報告は秋篠宮さまを現在の皇太子さま並みの待遇とし、「皇嗣殿下」などの称号を提案した。 通水管府関係者によると、有識者会議では、当初は秋篠宮さまの称号を皇太子とする案が有力だった。3月のヒ通水管リングでは専門家から「皇室典範を改正しなくても、秋篠宮さまを皇太子とすることが可能だ」との発言通水管があった。4月4日の会議では委員から「歴史上は次期皇位継承者は兄弟でも皇太子と称されることが大通水管だった」との意見が出た。 しかし、報告をとりまとめる前の4月に官邸幹部から有識者会議の通水管係者に対し、秋篠宮さまの称号を「皇嗣殿下」などとする案が示された。政府関係者によると、秋篠宮さ通水管は周囲に、自身が皇太子として育てられていないことを理由に、皇太子の称号に難色を示したという。