通水管|「加計ありき」共産が新資料

 学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐり、共産党の小池晃書記局長は22日の参院決通水管算委員会で、政府が作成したとみられる新資料を入手したことを明らかにした。 政府が昨年11月通水管学部新設を決める前から同学園による開設を前提に段取りを組んでいたことを示すとみている。小池氏はこの通水管後の記者会見で「加計学園ありきだ」と指摘し、徹底追及する方針を示した。 これに対し、特区を通水管管する山本幸三地方創生担当相は参院決算委で、資料の確認を避けた上で「加計学園ありきではない」と答弁通水管た。小池氏は会見で、新資料について「政府関係者から入手した。怪文書などという言い逃れは許されない」通水管と述べ、真相解明に向けて政府関係者の国会招致を要求した。 「今後のスケジュール(イメージ)通水管と題された資料には、愛媛県今治市での同学園の学部新設について、昨年10月から、来年4月の開学予定に通水管至る政府内の大まかな段取りが記載されている。共産党は文部科学省が作成したとみており、資料には赤字で通水管教員確保や施設設備の準備が間に合わない可能性」などと同省の懸念とみられる意見が添えられている。