通水管|中国6邦人拘束 「精神状態が心配だ」

中国・山東省などで社員4人が拘束されていたことが明らかになった千葉県船橋市の地質調査会社「日本地通水管下探査」の佐々木吾郎社長(52)が22日、同社で記者会見し、「疑われるようなことはない。4人には通水管一日も早く元気な姿を見せてほしい」と苦悩の表情で語った。 同社によると、拘束された社員の通水管うち3人は3月22日から山東省に、1人は同25日から海南省に、いずれも4月1日までの日程で入り、通水管3月27日ごろ連絡がつかなくなった。4人は中国での仕事経験があるが、中国語は話せないという。通水管 4月中旬に現地の領事館職員が面会した際、4人は「睡眠や食事は取れている。部屋にはエアコンやシ通水管ャワーがある。(拘束されたことで)迷惑をかけて申し訳ない」などと話したという。4人の家族には拘束通水管が判明した後に伝えた。 佐々木社長は「現地スタッフもいるから、十分常識的な行動を取ってい通水管た」と強調。「まじめで一生懸命な社員ばかりなので、精神状態が心配だ。これまでも外務省と密に連絡を通水管取ってきたが、国が違うためか、なかなか進まない。こちらの力不足だ」と憔悴しきった様子で話した。