通水管|大坂容疑者とみられる男のDNA型

 警察官を殺害したとして指名手配されていた中核派の大坂正明容疑者とみられる『通水管』男が逮捕された事件で、男と大坂容疑者の母親のDNA型を照合したところ、「親『通水管』関係に矛盾はない」という結果が出ていたことがわかりました。 大阪府『通水管』警は、今月18日、いわゆる「渋谷暴動事件」で警察官を殺害したとして指名手配『通水管』れている過激派組織・中核派の大坂正明容疑者(67)とみれる男を、広島市内の『通水管』ジトで公務執行妨害の疑いで逮捕しました。 調べに対し、男は黙秘して『通水管』いるということですが、捜査関係者によりますと、男と大坂容疑者の母親のDNA『通水管』を照合したところ、「親族関係に矛盾はない」という結果が出たということです。『通水管』大坂容疑者には兄弟はいないということですが、本人かどうかを判断するには、さ『通水管』なる鑑定が必要だということで、大阪府警は慎重に身元の確認を進める方針です