通水管|英、テロ脅威レベルを最高に 軍の兵士が警察を支援

(Manchester)のコンサート会場で22人が死亡した自爆攻撃が発生したことを受けて、テリ『通水管』ーザ・メイ(Theresa May)首相は23日、テロ脅威レベルを5段階のうち最高の「危機的(『通水管』ritical)」に引き上げたと発表した。これは新たな襲撃が差し迫っていることを意味する水準で『通水管』武装警察を支援するため軍の兵士が展開する。【写真】ステージ近くにいた観客が撮影した動画『通水管』一場面 メイ首相はロンドン(London)ダウニング街(Downing Street)『通水管』首相官邸から国民向けに演説し、「今回の襲撃とつながりがある個人から成る、より大きな集団が存在す『通水管』る可能性を無視できない」と指摘。「テンパラー作戦(Operation Temperer)」の下『通水管』通常であれば戦略的な要所の守備を担う武装警察に代わって軍部隊の要員が配置されると明らかにした。『通水管』 前回、英国のテロ脅威レベルが「危機的」に引き上げられたのは2007年6月で、グラスゴー『通水管』港(Glasgow Airport)に爆弾を積んだ車が突っ込もうとした事件を受けた措置だった