初のICBM迎撃実験へ

【ワシントン時事】米国防総省は26日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を想定した初めての迎撃実験を30日に行う予定だと明らかにした。 地上配備型中間通水管段階防衛(GMD)の迎撃ミサイルを使用する。弾道ミサイル技術を向上させる北朝鮮の脅威に備える意図もあるとみられる。 ミサイル防衛局によると、この迎通水管ミサイルは1999年以来、17回の実験を行い、成功は9回。前回は2014年6月に行い、成功した 米大統領が他国首脳押しのけ前列に、NATO通水管議での動画拡散 5月25日、トランプ米大統領が、初参加となった北大西洋条約機構(NATO)首脳会議での写真撮影の際、モンテネグロのマルコビッチ首相通水管強く押しのけて前面に進み出る場面を映した動画がインターネット上に公開され話題を呼んでいる。写真はNATO TV提供によるロイタービデオの映像から(2017通水管 ロイター)[ブリュッセル 25日 ロイター] - トランプ米大統領が25日、初参加となった北大西洋条約機構(NATO)首脳会議での写真撮影の際、通水管モンテネグロのマルコビッチ首相を強く押しのけて前面に進み出る場面を映した動画がインターネット上に公開され話題を呼んでいる。完成したばかりのNATO通水管本部を首脳らが訪れ、共同写真撮影が行われた際の出来事。動画では、トランプ大統領がマルコビッチ大統領を押しのけて前進し、堂々とスーツを直しながら前列通水管ストルテンベルグNATO事務総の近くに収まる様子が映っている。スパイサー米大統領報道官はこの件について質問され、動画を見ていないとしたうえで、大統通水管は所定の場所に移動したのだろうと述べた。モンテネグロは6月にEUに加盟する予定で、マルコビッチ首相はそれに先立って今回のサミットに出席した。