通水管|IS支持組織の犯行と断定

【ジャカルタ時事】インドネシアの首都ジャカルタで起きた自爆テロ事件で、ティト国家警察長官は26日、過通水管激派組織「イスラム国」(IS)を支持する国内グループ、ジャマ・アンシャルト・ダウラ(JAD)の下部組通水管織の犯行と断定した。  JADは昨年1月にジャカルタ中心部で起きた爆弾テロを指揮したシリ通水管ア在住のバルン・ナイム容疑者と関わりがある団体で、米国からテロ団体と指定されている。警察はDNA型鑑通水管の結果、死亡した実行犯2人が西ジャワ州バンドンとその近郊に住むいずれも31歳の男と確認。長官は、2人通水管が下部組織のメンバーとして以前から捜査対象となっていたことも明らかにした。 一方、IS系メデ通水管ィアのアマク通信は「IS戦士が実行した」と伝え、事実上の犯行声明を出した。 警察は26日、下通水管組織のメンバーの男3人を逮捕したと発表。3人は30~50代で、バンドンとその近郊で逮捕された。バンド通水管ンでは今年2月、今回使用されたのと同種の爆弾を使ったテロ事件が発生しており、警察は関連を調べている。通水管 テロは24日夜、ジャカルタ東部のバス停留所で発生。警官3人と容疑者の男2人が死亡した。