通水管|<G7サミット>安倍首相、対北朝鮮で成果強調

 タオルミーナ(イタリア南部)高山祐】安倍晋三首相は「普遍的価値観で結ばれた主要7カ国(G7)の強い結束」を示すことを目指して首通水管脳会議(サミット)に臨んだ。北朝鮮の核・ミサイル問題では、トランプ米大統領とともに議論を主導し、脅威が「新たな段階」に達したとの通水管認識を共有し一定の成果をあげた。また首相は、焦点となっていた首脳宣言での反保護主義を巡る文言の調整ではトランプ氏の説得に努めた。通水管 「北朝鮮は東アジアにとどまらない世界全体の脅威だ。そうした認識をG7のリーダーと共有した」。首相はサミット終了後の記者会通水管見で、北朝鮮の核・ミサイル問題が国際社会の最優先事項だとG7首脳らが認識したことを成果として強調した。 メルケル独首相(通水管2回目)に続く古株であることに加え、昨年の伊勢志摩サミットの議長を務めたことから、議論の先べんをつけるよう求められる場面が目立っ通水管た。北朝鮮問題では、首相は、北朝鮮が非核化を約束しながら、核やミサイル開発を進めてきた経緯を説明。日本人拉致問題についても言及し通水管、G7首脳らは首相の主張に賛同した。 一方、首相はG7の意義について会見で「G7が作り上げてきた国際秩序に対する挑戦があ通水管からこそ、普遍的価値観を共有するG7が結束を強化することが重要との認識で一致できた」と語った。経済では中国やインドなどの重要度が通水管増し、近年は主要20カ国・地域(G20)が注目を集めるが、首相はG7を重視してきた。G7が自由や民主主義、法の支配といった普遍