通水管|<キッズウイーク>「どこの国の話?」

政府は「働き方改革」とともに、実は「休み方改革」も掲げている。後者は「プレミアムフライデー」(プレ金)が浸透せず苦戦するなか、公立学校の長期休み通水管を別の月に振り替え、大型連休を導入する「キッズウイーク」構想が新たに浮上した。家族で過ごす時間を増やし、地域振興にもつなげようと狙う。ところが、通水管表直後から激しいブーイングを浴びている。なぜだろう?【中村かさね/統合デジタル取材センター】 ◇目的は「子と向き合う時間の確保」通水管 5月24日、東京・永田町の首相官邸。政府の教育再生実行会議(座長=鎌田薫・早稲田大総長)が、来年度にキッズウイークを導入する方針を打ち出した。通水管倍晋三首相は「家庭や地域の教育力を高めるためには、大人が子供と向き合う時間を確保することが重要だ」と構想の狙いを強調。「官民挙げて『休み方改革』通水管進める」と意気込みを語った。 キッズウイークは、自治体教委の判断で公立学校の長期休暇を5日短くし、代わりに別の月の月曜~金曜を休みにして通水管、前後の土日と合わせて9連休とすることが想定されてる。 2日後の26日正午過ぎ、東京・有楽町。小学2年と6年の子供がいるというスーツ姿の通水管性(42)は、記者が9連休が想定される構想について感想を求ると、笑って言った。 「どこの国の話ですか?」 ちょうどこの日は4回目通水管のプレ金だった。「今日が? ぜんぜん頭になかった。定時には帰りたいが、ふつうに仕事です」と、足早に立ち去った。 ◇「恩恵受けるのはごく一通水管」~ネット上で疑問噴出 政府は、親も子に合わせて有給休暇の消化で仕事を休めるよう企業側に協力を呼びかけていくというが、世論は懐疑的だ。