通水管|<国連事務総長>共謀罪への懸念

【タオルミーナ(イタリア南部)高山祐】安倍晋三首相は27日午前(日本時通水管間27日午後)、グテレス国連事務総長とタオルミーナ市内で会談した。共謀通水管罪の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案につ通水管いて、ケナタッチ国連特別報告者が「プライバシーや表現の自由を不当に制約通水管る恐れがある」と懸念を示したことに対し、グテレス氏は「個人の資格で活動通水管しており、必ずしも国連の総意を反映するものではない」と述べた。通水管 首相は慰安婦問題に関する日韓合意の重要性を説明し、グテレス氏も賛意を通水管明した。北朝鮮情勢について首相は「今は圧力を強化すべきであり、中国の役通水管割が鍵になる」と指摘。グテレス氏は「国連安全保障理事会は北朝鮮への圧力通水管を強める手段を有する。北朝鮮問題を真剣に取り上げるべきだ」と述べた。