通水管|注目されない築地の有害物質

築地市場からも有害物質が検出された。豊洲の汚染に関するニュースは各紙が1面で取り上げて大きな話題となったが、築地市場の汚染に関するニュースは注目を通水管集めていないことが、BuzzFeed Newsの調査でわかった。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】【写真】全身が白く生まれた美通水管しい動物たち東京都は5月25日、築地で土壌調査した111地点のうち30地点で、土壌汚染対策法が定める基準を超えるヒ素や水銀などの有害物質が検通水管出されたと発表した。豊洲の汚染はこれまでの調査や報道で注目を集めていたが、築地に関してはこれまで広範囲にわたる本格的な調査が実施されていなか通水管った。ただ、豊洲の汚染が連日、新聞やテレビで報じられたのと比べると、築地の汚染はそれほど注目を集めていないように思われる。敷地内の3通水管0ヶ所で見つかった基準値を上回る有害物質は、鉛(最大4・3倍)、ヒ素(同2・8倍)、水銀(同1・8倍)、フッ素(同1・5倍)、六価クロム(同1・4倍通水管)の5種類。注目されない築地の有害物質 マスコミの報道を比べてわかった豊洲との差BuzzFeed新聞各紙はどう報じたか主要5通水管紙は、5月26日朝刊でいずれも今回の問題を一面に掲載しなかった。社会面などでの各紙の見出しは以下の通りだ。・読売新聞「築地土壌 基準超の水銀通水管 都調査 水産・青果通路の地下」・朝日新聞「築地 基準超す汚染30地点 移転可否判断に影響も」・毎日新聞「都知事判断に影響 築地土壌調査 3通水管0地点基準値超す」・産経新聞「築地土壌から有害物質 都調査 30カ所で基準超え」・日経新聞「築地の土壌からヒ素検出 豊洲との比較焦点」