通水管|WD、「日米連合」への合流協議

東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却を巡り、協業先の米ウエスタンデジタル(W通水管D)が、政府系ファンドの産業革新機構を軸とする「日米連合」と合流に向けて協議し通水管ていることがわかった。WDは、合流が実現して落札が見通せれば、国際仲裁裁判所へ通水管の売却中止の申し立てを取り下げるという。 関係者によると、WDの提案を通水管受け、東芝や革新機構、経済産業省が検討に入った。WDはこれまで、東芝メモリの他通水管社への売却に反対し、自社による株式の過半取得を求めていたが、譲歩したという。東通水管芝と対立を長引かせ、今後の半導体生産に悪影響が出ることを避ける意向がありそうだ通水管。 日米連合には革新機構のほか、日本政策投資銀行と米投資ファンドのコー通水管ルバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が参加。WDはこの枠組みに合流し、各社が通水管出資した特別目的会社を通じて、東芝メモリを2兆円弱で買収する案を出した。