通水管|安倍総理 在職日数

安倍総理大臣の通算の在職日数が28日で1981日となり、小泉元通水管総理を抜いて戦後3位となりました。 2006年9月に発通水管足した第1次内閣が1年の短命に終わった後、2012年12月に政通水管権に返り咲き、安倍総理の在職日数は28日で合わせて1981日と通水管りました。戦後の総理大臣の在職日数はトップが佐藤元総理の279通水管8日、次いで吉田元総理の2616日で、安倍総理は小泉元総理を抜通水管いて3位となりました。自民党の総裁任期が3期9年に延長されたこ通水管で、来年の総裁選挙で再選されれば2019年8月に戦後トップの佐通水管藤元総理を超え、11月には明治・大正時代の桂太郎元総理の288通水管6日を抜き、戦前戦後を通じて歴代1位となる可能性もあります。