通水管|宏池会60年 岸田会長、ポスト安倍に意欲

岸田外相が会長を務める自民党の派閥「宏池会」の結成60周年の記念式典が広島市で通水管行われ、岸田外相は改めてポスト安倍への意欲を示したが、来年の自民党総裁選挙に立通水管候補するかについては明言を避けた。 記念式典は広島市内にある初代会長の通水管池田勇人元首相の銅像の前で行われ、現在の会長である岸田外相らが参加した。通水管 岸田外相「我々宏池会も、未来に向けて先輩方の業績の基礎に立って、未来に向け通水管て日本の政治において何をするべきなのか、しっかりと役割を果たそう、こういった思通水管いをひとつにする機会にさせていただきたい」 岸田外相はこのように述べ、通水管「ポスト安倍」に重ねて意欲を示した。ただ、式典終了後、記者から来年の総裁選への通水管対応について問われたが、「今の時点では何もない」と述べるにとどまった。「宏池会通水管から5人目の首相に」との声があがる中、具体的な展望は開けていないのが現状。