通水管|<退位>付帯決議案「女性宮家」

天皇陛下の退位を実現する特例法案を巡り、衆院の佐藤勉議院運営委員長(自民)は29日、安定的な皇位継承に向け、女性皇族が結婚後通水管も皇族に残る「女性宮家」の創設を検討することを盛り込んだ付帯決議案を各党に示した。民進党に加え、これまで慎重だった自民党が「通水管女性宮家」を明記することを容認する方針を固め、「女性宮家創設」の文言が決議案に明記される見通しになった。 佐藤氏の案通水管は「女性宮家の創設等」と明記することで民進党の主張に配慮する一方、政府が検討を始める時期については、自民、公明両党が主張して通水管た「法施行後速やかに」とした。国会への報告については「速やかに」としたが、期限は区切らない内容。各党は30日の議運委理事会で通水管協議する。自民、公明両党は佐藤氏の案を受け入れる方向だが、民進党は「なるべく早く期限を区切って結論を出すべきだ」(野田佳彦幹通水管事長)としており、検討開始時期と国会報告の期限が残る論点となる。 自民党は「女性宮家を設けると、将来の女系天皇につな通水管りかねない」との慎重論が党内保守層に多いため、女性宮家の明記に慎重だった。自公両党は26日、「女性皇族の婚姻等による皇族数の通水管減少等に係る問題について、法律の施行後速やかに検討を行い、その結果を国会に報告する」との案を提示。秋篠宮さまの長女眞子さま(通水管25)が婚約されることが明らかになったことも踏まえ、皇族減少対策の必要性を指摘しつつも、女性宮家の創設は明記を避けていた。