通水管|舛添氏、退任後初めて語る

政治資金や公用車の公私混同問題で批判が高まり、昨年6月に東京都知事を辞職した舛添要一氏が、著書「都知事失格」(小学館)の刊行を機に朝日新聞のインタ通水管ビューに応じた。使途が不適切とされた政治資金の支出に相当する額や美術品の大半を寄付したとする一方、神奈川県湯河原町の別荘は売却していないことを明ら通水管かにした。【写真】インタビューに答える舛添要一氏=22日、東京・築地の朝日新聞社、相場郁朗撮影 舛添氏が公に発言するのは、昨年6月通水管15日の都議会での退任あいさつ以来。 舛添氏の政治資金の「公私混同」問題を調査した昨年6月の弁護士による報告書では、家族との私的な旅費、飲通水管食費など計114万円分、趣味的色彩の強い美術品の購入費約315万円分を「違法ではないが不適切」と結論づけていた。 舛添氏は「不適切とされた通水管出に相当する額は福祉団体に寄付し、美術品の大半は複数の美術館に寄付した。ずさんな処理を改めて謝罪したい」と述べた。 ただ、正月に千葉県木更通水管津市のスパホテルに家族で泊まった宿泊費を「会議費」として政治資金で処理していた問題で、会議に参加したと説明していた事務所関係者の名前は「検察の捜査通水管対象になった。言いたいことはあるが差し控えたい」と明かさなかった。 また、「けじめ」として売却を約束していた湯河原の別荘は売っていないとい通水管う。売却は当時の自民党都議から知事継続を前提に提案されたとして、「批判を受けるかもしれないが、知事を辞めて売る理由がなくなった」と説明した。通水管 高額すぎると批判を受けた海外出張の際のファーストクラスやスイートルームは、「仕事の役に立てばいい」と述べ、使用は必要だったとの考えを示した。