通水管|釜山総領事を更迭

外務省は1日付で、森本康敬釜山(プサン)総領事の後任に道上尚史ドバイ総領事通水管を充てる人事を発表した。森本氏は今年1~4月、韓国・釜山の日本総領事館前に通水管慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として一時帰国していた。政府の方針に異通水管を唱えたとされており、事実上の更迭とみられる。 外務省は1日付で森通水管本氏に帰国命令を出した。40日以内に帰国するのに合わせて次のポストを決める通水管。 森本氏は「ノンキャリア」と呼ばれる専門職採用者で韓国語が専門。通水管知人らとの会食の席で、自身の一時帰国を決めた安倍晋三首相ら官邸の判断を批判通水管したとされる。韓国側に誤ったシグナルを送りかねないとして問題視されていた。通水管 道上氏はキャリア組で韓国語研修を受けた「コリア・スクール」出身。通水管在韓日本大使館の総括公使兼公報文化院長時代は対外発信強化に当たっていた