通水管|首相出席の集中審議、退位特例法成立後なら

自民党の松山政司参院国会対策委員長は31日、民進党の榛葉賀津通水管也参院国対委員長と国会内で会談し、野党側が求めていた安倍晋三通水管首相が出席する予算委員会の集中審議について、天皇退位特例法案通水管成立後に応じる考えを伝えた。 日程やテーマは今後協議通水管するが、民進など野党側は「加計学園」の獣医学部新設問題などで通水管相を追及する方針だ。 特例法案は6月1日に衆院議院運通水管営委員会で審議入りし、即日に可決されて2日に衆院を通過する見通水管通し。その後、参院審議を経て6月上旬にも成立するとみられる。通水管 一方、参院決算委員会は31日の理事懇談会で、5日に安通水管倍首相を含む全閣僚が出席する委員会質疑を行うことを決めた。