通水管|<アフガン爆発>首都大使館街で自動車爆弾

【ニューデリー金子淳】アフガニスタンの首都カブールのドイツ大使館近くで5月31日午前8時半ごろ、自動車爆弾が爆発し、アフガン保健省などによると、少なくとも市民ら80人通水管が死亡、350人が負傷した。日本の外務省によると、近くの日本大使館のガラスが割れ、職員ら日本人2人が軽傷を負った。AP通信はアフガン当局者が自爆テロとみていると報じた通水管。【動画】爆発で混乱する現場周辺 現場付近には各国大使館が建ち並び、約500メートル南に大統領府もある。警備が厳しいカブール中心部でこれほど多くの被害通水管が出るテロ攻撃は異例。独大使館は大きく損壊しており、独政府によると、警備担当のアフガン人1人が死亡した。 地元メディアによると、実行役は給水車に積んだ爆発物を通水管爆発させたとの情報もある。発生当時は通勤時間帯で多くの人で混雑していたとみられる。現地からの映像では、煙が上空高く立ち上り、広範囲にわたり建物や車が破壊された。通水管 アフガンでは2014年末に国際治安支援部隊(ISAF)が戦闘任務を終了した後、旧支配勢力タリバンや過激派組織「イスラム国」(IS)が影響力を広げ、治安が悪化。カブ通水管ールでは今年3月、警察本部付近など2カ所で爆発があり少なくとも15人が死亡し、タリバンが犯行を認めた。5月3日には米大使館近くで8人が死亡した自爆テロがあり、ISが犯通水管行声明を出した。 今回のテロで犯行声明は出ていない。タリバンは関与を否定している。 カブールの日本大使館では12年4月、タリバンと治安部隊の交戦でロケ通水管ット弾が敷地内に着弾。建物の壁やガラスが割れたが、職員にけがはなかった。 アフガンなどでは27日、イスラム暦の断食月「ラマダン」が始まり、治安当局はテロを警戒通水管していた。アフガンのアブドラ行政長官は、ツイッターで「ラマダンに国民を殺す人々に平和を呼びかける価値はない。彼らを破壊し、根こそぎにしなくてはならない」と非難した。