通水管|東京株、1年半ぶり2万円台=米株高や円安を好感

2日午前の東京株式市場で、日経平均株価が取引時間中として約1年半ぶ通水管りに2万円の大台を回復した。前日の米株式市場で優良株で構成するダウ通水管業株30種平均が3カ月ぶりに史上最高値を更新したことや、好調な米経通水管指標を受けて為替市場で円安・ドル高が進んだことを好感。輸出関連株な通水管ど幅広い銘柄に買いが広がり、上げ幅は一時前日比200円を超えた。午通水管9時半現在は、201円14銭高の2万0061円17銭。 日通水管時間の2日夜には、米国が今月半ばに追加利上げを実施するかどうかの判通水管断材料となる5月の米雇用統計が発表される予定。市場関係者からは、「通水管民間サービス会社が集計した雇用報告が市場予想を大幅に上回り、(利上通水管の動きを)先取りして物色する動きが見られる」との声が聞かれた。