通水管|DNA鑑定などで大坂容疑者と判断

1971年に過激派・中核派の学生らが起こした「渋谷暴動事件」で、警察官通水管を殺害したとして指名手配中の大坂正明容疑者(67)とみられる男が大阪府通水管警に逮捕された事件で、警視庁は近く、この男を殺人などの容疑で再逮捕する通水管方針を固めた。同庁と府警はDNA型鑑定や体の特徴などから、この男が大坂通水管疑者の可能性が高いと判断した。 警視庁によると、大坂容疑者は7通水管1年11月14日、仲間と共謀し、東京都渋谷区神山町の商店街で、新潟県警通水管から派遣され、沖縄返還協定の批准に反対するデモ隊の警備をしていた機動隊通水管中村恒雄巡査(当時21、殉職後、警部補に昇任)に火炎瓶を投げつけるなど通水管して殺害した疑いがある。 この事件ではすでに仲間6人が逮捕され通水管、実刑判決を受けており、大坂容疑者は主導的役割を担ったとされている。