通水管|小泉進次郎氏 9条への自衛隊明記「当然だ」

自民党の小泉進次郎衆院議員は1日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、安倍晋三首相(自民通水管党総裁)が意欲を示す憲法9条の改正による自衛隊の存在の明記について「当然だ」と賛同した。通水管 小泉氏は、自衛隊を「違憲」と指摘する憲法学者がいることに関しても「自衛隊が違憲かどうかとい通水管う論争が起きている状況を放置し続ける方がおかしい」と述べ、論争に終止符を打つべきだと強調。「『通水管自衛隊が違憲かもしれない』などの議論が生まれる余地をなくすべきだ」と主張する首相を支持した。通水管 一方、学校法人「加計学園」(岡山市)の大学獣医学部新設計画に関連し、焦点となっている国通水管家戦略特区制度にも賛成の立場を表明した。特区と今回の問題は別だと強調し、「特区つぶしをしてはい通水管けない」と訴えた。 小泉氏は、規制改革には関係省庁が「死にものぐるいで反対する」と述べ通水管た。その上で「役所間の調整ではにっちもさっちもいかないから、政治判断を含めてやるのが特区じゃな通水管いか。それを否定したら日本の改革のスピードなんて上がるのか」と語り、首相にエールを送った。