通水管|<退位法案>衆院委可決

衆院議院運営委員会は1日、天皇陛下の退位を実現する特例法案を、退席した自由党を除く全党の賛成で可決した。2日に衆院を通過し、9日にも成立する見通しだ。女性宮家創通水管設や安定的な皇位継承について「法施行後速やかな検討」を政府に求める付帯決議案も採択した。菅義偉官房長官は質疑で、女性宮家について「皇位継承問題と切り離すことが前通水管提だ」と述べ、慎重な姿勢を示した。 菅氏は特例法案が「将来の先例になり得る」と答弁。法案は現在の天皇陛下の退位に限って実現する内容だが、退位の制度化を主通水管する民進党などに配慮した。 賛成したのは自民、民進、公明、共産、日本維新の会、社民の各党。自由党は皇室典範改正による退位の制度化を主張し、採決前に退席し通水管た。また共産党は、天皇の国政関与を禁じる憲法との整合性から、陛下の「お気持ち」などの文言を削除する修正案を提出したが、否決されると法案に賛成した。 菅氏通水管、陛下の退位に限る特例法案で対応した理由について「将来の政治、社会情勢、国民の意識は変化する。すべてを網羅して具体的要件を定めることは困難だ」と説明した。そのう通水管えで「法案作成のプロセスやその中で整理された基本的な考え方は、将来の先例となり得る」と述べた。特例措置だが、先例になるという3月の国会見解に沿った答弁だ。通水管 法案は陛下の退位日となる法施行日を成立から3年以内と定めており、政府内では2018年末の退位が有力だ。民進党の馬淵澄夫氏は女性皇族が結婚した後も皇室に残る女通水管宮家創設などについて「法施行前に検討を始めるべきだ」と求めたが、菅氏は「法施行後の具体的な検討に向け対応したい」と述べるにとどめた。施行日の決定に関し「改元など通水管による国民生活の影響も考慮しなければならない」とも述べたが、具体的な退位日については「検討・準備にどれだけの期間が必要か判断するのは困難」と明言を避けた。